読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんたは『サピエンス全史』読んでもムダ

fujipon.hatenablog.com

日本人はみんなサムライの子孫ですが何か

今回は、野球の男子日本代表チームは「侍ジャパン」という愛称で呼ばれているわけですが、まあ、なんというか、「今の日本に侍なんていないだろ、外国人に『日本といえばフジヤマ、ゲイシャ』って言われたらムカつくのに、なんで『サムライ』はOKなんだ?」とか思ってしまうのです。

別に『フジヤマ、ゲイシャ』にムカつかないしなw
「今の日本にないだろ」が根拠なら富士山と芸者は現存するしなw
言い掛かりに統一感も無くガバガバすぎじゃね?


そもそも、大部分の日本人(そして、代表チームの選手たち)の祖先は「侍」じゃなかったはずだし、侍がえらい、すごいというのは身分制度を肯定していることになるのでは。

はあ?
いや、現代の日本人は全員サムライの子孫ですよ。確率的に言って。
ぼくんちはバリバリに家系図を辿れる程度の大身の侍の子孫ですが(エッヘン)、そうじゃない人でも祖先にサムライが居ない奴なんか日本にはいねーよ。どういう奇跡的な確率の回避をすれば過去ウン百年間武士を避けきる血統があり得るのか。この人頭悪いんじゃないですかね? 
あ、八丈島とか隔離環境で近親相姦しながら土民やってればいけるかなと思ったけど、たまにサムライが流されてきちゃうしなあ。あー無理だ。無理無理。
あともちろん、日本人全員が百姓の子孫でもあります。アホじゃなきゃわかるよね。




まあこの変なこと言ってるこの人、結構いい歳のパイセンだと思うんですよ。
少し前までの日本は、こういう頭悪くても言ってること滅茶苦茶でもなんでも「支配階層」に対する違和感や敵愾心というのを出していく姿勢こそが知的で立派な奴とされていたんですよね。でもこれってそういう「型」が身についてるだけで、どれだけ血肉化しててもそれで性格がよくなってるわけでも頭がよくなってるわけでもないんですよ。ある種の概念にはこういう反応をする、というセットが頭に入っちゃっただけで。 



この人の場合はあの陳腐でガバガバな階級闘争史観というやつのセットが頭に入っていて、
士族階級=悪い奴=屁理屈でも言い掛かりをつけて敵愾心を出していくのがカシコくてりっぱなボクチャン!
という反応をしてるわけです。
ね、すげえ頭悪くてみっともなくて馬鹿でしょ。


この人は本も読めない

サピエンス全史を読んだならそのあたりのことは理解してるべきだと思うんですが(ほんとは本に教えられなくてもそれぐらいは気付いてて欲しい)、この人は

最近ベストセラーになった『サピエンス全史』を読んでいると、「人間は平等だ」というのは、現在の世の中の「そうであるべきだ」という理想であり、人類の歴史のほとんどは、「平等でないのが当たり前」だったのです。

という活字で印刷してあることはそのまま飲み込んで覚えながら、何が書かれてるかは全然理解してないのですね。



社会のあらゆる概念にも理念にも自明のことや真理なんかないのだから、平等も不平等もどっちも虚構だよ、というのがあの本の当該箇所から理解すべきことです。単にそれらの虚構に社会を運営していく為のそれぞれの機能があるだけです。



平等という現代社会の正義は過去の歴史に存在していなかっただけではなく、未来に存在し続けるか、信じられ続けるかわかんねーぞ(これは悪い帝国が世界を支配するなんて予言ではナイ)というのがサピエンス全史から読み取るべき示唆です。


人類の歴史のほとんどは、「平等でないのが当たり前」だったのです。

過去の歴史には永らく平等な社会は無かった!
wwwwwww
そんなことは小学校の歴史の教科書にも書いてあるだろ!w そこじゃねーよ!www



せっかくちょっと面白い本を読んでも頭悪い人は全く何も受け取らず理解しないのですね。 自分の脳内に既にある、小学校の歴史の教科書で学んだ概念を再確認して「この本を読んだぞ」って思ってる。この調子じゃあ『サピエンス全史』に限らず何を読んでも、既に自分の中にある概念を確認して終わっちゃうので目の前の本が読めない。目の前の人の話が聞けない。 ね、馬鹿でしょこれ。



ぼくのこのブログをもしこの人が読んだとしても、理解出来るとは思いません。なんか馬鹿にされてることに気付いてムッとはするかもしれませんが、それで終わり。頭の中にある概念を使って、ぼくのことを「ネトウヨだ」とかそういう処理をしておしまい。 もう止まってて変化しないのです。




虚構に付き合って話をすれば、

それでも、個人的には、延々と「侍ジャパン」なんて呼ばれなければ、もっと素直に応援できるのになあ、なんて、つい考えてしまうのです。
スポーツの代表チームの愛称に、その国を過去に支配していた、特定の階層の名前をつけるのって、「あたりまえのこと」なのだろうか?

もうサムライの血もドンビャクショウの血もアイヌの血もエミシの血も混ざりきってるという科学的な事実も理解できず、「支配階層」という虚構に異常な反応を示すこの人は、頭に入ってるセットによる被支配度が常人より強い上に、セット自体がちょっと古いので、そろそろ一般世間的にも異様な変な人なわけです(ひと昔前は強弱はあってもこのセットが正義でありスタンダードでした)。




さいごに

なんかこの人はてなでそこそこ古株っぽくて
みんな厳しいマジレスしにくそうだからいうけどさー

そういう点では、「日本人の祖先(あるいは精神的な拠り所)は『サムライ』である」という「共同幻想」が、国の一体感を高めるのに利用されているとも言えます。
まあ、自分たちの先祖は、カッコいいほうが良いよね、それで今の自分に何かメリットがあるかどうかは別として。

そんなのねー、
テレビ局の都合でキリいいニックネームが必要だっただけでねー、
戦うからじゃーサムライかなー、全体が7音だからいいねー、って言ってるだけでねー、
なでしこジャパンとかさらに意味わかんないけど7音だから採用されただけでねー、
そんなもんからいちいち祖先がサムライだとか精神的なよりどころがサムライだとか
そんなこと考えてる気違いはアンタダケダヨー?